« 2007年7月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月23日 (日)

申し訳ございません

こんばんわ~
実はみなさんに謝らなければいけないことが・・・
113
これは先週蒔いた春菊の1週間後の様子。
ほとんど芽が出てない・・・
タネは何年か前のもので冷蔵庫で保存してたものです。
こないだ偉そうにタネは何年も使えますよ~なんて言いましたけど、限界がありました。
アブラナ科のタネは、けっこう長持ちするみたいですけど、春菊や豆類はそんなに長くは持たないみたいです。
まあ完璧な保存状態ならずっと持つかもしれませんけど・・・
sachikoさん、1年くらいは大丈夫だと思いますけど、大豆のタネ、早めに使い切ってくださいね。
春菊は追蒔きしました・・・


115
これは今日蒔いたタマネギ。
タマネギの育苗って結構大変。
まず元肥をやって、しっかり消毒して、タネに土は掛けすぎないようにして、それでも乾燥するとダメなんで新聞紙をかけて、虫除けに寒冷紗をかけて、そんでもって雨が当たらないよう農業ポリを掛けてと・・・デラ大変ですよ。
昨年はこれだけやって、畑に植え付け後にたくさん枯らしました・・・
植え付け後の消毒も大事ですよ~

114
こちらは先週蒔いた聖護院大根。
聖護院だいこんは深く耕さなくても良いし、畑に長く置いてもスが入りにくくて、しかーも美味しいときたもんだ。
うちはいつも聖護院大根です(長いのもちょっと作ってるけどね)
英さまのとこや近所の大根に比べてかなり小さいですけども、今年は暑い日が続いておりますので、多分大丈夫でしょう。


116
最後は秋ウコン(クルクマ・ロンガ)の花です。
緑花文化の知識認定試験の記念バッチ↓にデザインされてるやつです。
春ウコンはなかなか咲かないですけど、秋ウコンはけっこう咲きます。
鉢花とかで売られてるクルクマを巨大したような花が咲きます。
デラ豪快ですよ~

2007年9月22日 (土)

緑花文化の知識認定試験の証

こんばんわ~
緑花文化の知識認定試験ですけども、本来なら昨日9月21日金曜日が19年度の申し込み最終日でした。
けども、英さま情報によると申し込みが28日まで延びたらしい・・・
よっぽど申し込みが少なかったのか・・・
公園緑地管理財団の方にはぜひともがんばってほしいものです。
ボクもがんばります!

くわしくはここを見てね↓
http://www.midori-hanabunka.jp/top.php

110
1級か特級を取ると、こんなバッチが貰えます。
分かりずらいけど、第8回の記念バッチはクルクマがデザインされてます。(級によって違うかも)
こんなバッチいらねえよっ、とか言わないでね

ちなみに特級を3回取ると緑花文化士なんて素敵な肩書きも貰えますよ
東山植物園の園長さんは持ってるらしい・・・

105
今日もしつこくリコリスをひとつ
これは、真夏のクリスマス(リコリス・ホウディシェリー)
真夏のと言うわりには、秋に咲きました。
夏咲きリコリスの中では遅咲きですね。
と、言うかリコリスは、その年の条件によって咲く時期が変わってるように思う。
ほんと、難しい植物ですね。

2007年9月20日 (木)

緑花文化の知識認定試験

こんばんわ

107
今年も緑・花文化の知識認定試験を受けます!
これって知ってます?
まあ、自分がどんだけ植物のことを知ってるか分かるっていうやつです。
この試験で良い成績を修めたからといってなにか資格がもらえるというものではなく、まあ自己満足の試験です。

昨年初めて受けたんですけど、デラ楽しかった!
まあ、試験の結果はおいといてね・・・
で、イチオー試験勉強みたいなことはしましたけど役に立ちませんでした。
やっぱり日頃どんだけ植物に接してるかが大事みたいです。
試験は子供でも分かるような簡単な問題から、歴史や文化に関する難しい問題まで、ホント植物がどれだけ好きかがよ~く分かる試験でしたよ。
ここを見てくれてる人は申し込みしましたか?
ボクは岐阜会場です。

76
庭の花も載せておこう!
これは、グロリオサ・ピンクロスチャイルディアナ。
普通のは、オレンジ朱色ですけども、これはピンクの珍しいやつです。
咲き進むともっと濃いピンクになります。
じつはこの株、かなーり昔からあるんですけど、なかなか咲かなかったんですよ。
芽は出るんですけど、蕾が出る頃になると先が枯れてしまって蕾が出ない・・・
今年は軒下の雨が当たらない場所に置いてたら、次から次へと咲きました。
球根も倍倍くらいに増えてきます。

83
しつこく今日もリコリスを!
これはモナリザ。
濃い~ピンクに弁先青のスプレンゲリー交配でしょうか。
購入して数年。毎年1本か2本だけ咲きます。でもインパクトあります。

2007年9月15日 (土)

Re:START!

3年ぶりにホームページが更新されました~!
まあ、ぼちぼちやってきますんで、お時間ありましたらおこしください~
秋なのに更新ページはヘレボラス・・・

http://shibazoh.hp.infoseek.co.jp/

明日は仕事
明日は日曜日。
だのに仕事なんスよ。せっかくの貴重な休みに余計なことしないで欲しいね。
秋はやることがいっぱいで、ただでさえ時間が惜しいのに会議だってさ。ふんっ

と、いうことで今日は、いっぱいタネを蒔きました。
うちでは早蒔きのハクサイやビオラなどを除いて、基本9月15日頃にタネを蒔きます。
春と違って秋は段々寒くなっていくので、これより遅いと野菜も花も生育が悪くなってきます。

104_2

右の畝は先週植えつけたハクサイ、左には今日ホウレンソウと春菊、花菜を蒔きました。
秋野菜は葉ものが多いので、うちではすべて寒冷紗を掛けます。
寒冷紗を掛けるので、農薬はあんまり使いません。最初植え付けやタネ蒔きの時にオルトランを撒くくらい。
別に無農薬栽培にこだわってる訳ではないんだけど、寒冷紗を掛けるとかなーり青虫とか夜盗虫とかの害が防げます。
虫が発生すると、デラ駆除が大変なんだよね。

79_2

これは8月29日に蒔いたビオラの苗。ビオラとパンジーだけは冬前に開花させるために早めにタネ蒔きをします。
もう本葉も見えていて来週あたりがポット上げの時期ですかね。
他の春用の花のタネ15種類くらいは今日蒔きました。
半分は花壇用、もう半分は仏様の切花用ですかね。
もちろん植えきれない程蒔きますので(- -;)半分は人様に投げつけます。

ところで、秋蒔きタネは基本9月15日蒔きと書きましたけれど、例外もありますね。
早く蒔きすぎると大きくなりすぎて霜にやられてしまうものや、15日頃の気温では高すぎて芽が出ないもの等です。
*例 ゴデチヤ・リナリア・エンドウ・麦・・・・遅く蒔いて小さな苗で冬を越すもの
      デルフィニューム・・・・もうチョット涼しくならないと芽がでないもの
      忘れな草・ネモフィラ・ラグラス・・・・テキトーに蒔いても育つので、もうチョット後でもいいかとなっちゃうもの・・・

リナリアは昨年15日頃に蒔いてひどいことになりました。暖冬も手伝って冬の間から花が満開になっちゃうし、エカキムシは大発生するしと・・・
みなさん、タネ蒔き時期は守りましょう

2007年9月14日 (金)

黒いの

こんばんわ~
先日英さまに投げた黒系Szヘレボ、実は英さまファーストヘレボだったみたいです。
うちのSzがヘレボデビューとは誠に嬉しいことです。
と、言うわけで昨日に続いて、昨年咲いた兄弟株を紹介しますね。
    *兄弟だからといって黒系が咲くとは限りません。違う色が咲いたらごめんなさい~

9899102
こーんなかんじ。
少し赤っぽいもの、ネクタリー(しべの周りにある小花弁)が緑のもの、花弁に切り込みが入るもの等いろいろです。
黒系の品種は花が小輪ですけども、とってもインパクトがある花です。
英さまに投げた株はたしか5号スリット鉢でしたので、出来ましたら10月頃に7号くらいの鉢に植え替えてくださいね~(もしくは地植えで)

先日、にっくきアライグマ荒井のことを書きましたけど、実は画像が一枚も無い・・・
荒井は夜行性なので、明るい時に見かけることはないし、夜に出会っても怖くて近寄ることも出来ません。
が、パパがうちに来たのは確かに荒井だという証拠を持ってました。
97
足跡です・・・
確かに荒井はいるーーーーっ
近くにいるーーーーっ

2007年9月13日 (木)

ヘレボラスシーズン

こんばんは~
先日ネットで注文したヘレボラスの苗が届きました~
植え替えとかは10月くらいからだし、開花なんて来年の1月なのに、もうヘレボラスモードに突入しました。
95
これが購入苗。5株で一万円なり~
ただの葉っぱで申し訳ありません。でもどんな花が咲くのか考えるとデラ楽しい~
咲くのは1年半後(来シーズン)ですけどもワクワクしますねぇ。

ところで、うちでも昨年あたりからSz交配のヘレボラスが咲きだしてます。
園芸店でお気に入りを見つけて育てるのも良いけれど、やっぱ園芸の醍醐味は育種でしょう!
ってことで、昨年うちで咲いたSz交配種を紹介しますね。
9492

左の2株が両親で、右が子供です。結構きれいでしょ!
両親はわりと細弁で色もくすみがちでしたけれど、Sz株は幅広弁で、花色も澄んだ白地に紅いスポットがっくきり入ってて、かなりのお気に入りです。
他の兄弟株も両親のスポット(花弁の点々のこと)を受け継いで、スポットが入る株がほとんどでした。
しかーも、この交配の苗はすべて八重咲きでしたので、大変満足しております。

96
こちらは、”究極の黒”という当時ヘレボラスでは珍しかったメリクロン品種のセルフ交配苗からでた花です。
究極の黒というだけあって真っ黒の花ですけども(今も健在)、その子たちも黒い子ばかりです。
しかも花色の濃い個体は葉も濃色のものも多く、この個体もブロンズ色の葉がとっても魅力的です。
英さまに投げたのも、この株の兄弟です。

今年も初開花の株がたくさんありますから、楽しみです!!!!


ちょっと間があきましたけど、まだリコリスの画像が残ってますんで、チョットアップしますね。
66
これはオフホワイト。
リコリスの中ではかなり大型の品種です。名前の通りオフホワイトの花色です。
オフホワイトは秋出葉型(花後すぐにはが出て冬の間も葉がある系統。)のリコリスですが、
どうも若干寒さに弱く、冬季に葉が傷みます。この点では黄色系の原種のオーレアに似てますね。
オーレアは寒さよけのために鉢植えで育ててますが、リコリスは鉢では咲きにくいので、オフホワイトは地植えで我慢してもらってます。
葉が傷むとは言っても、完全に枯れてしまうことは無く、毎年花も咲かせてくれるので丈夫な品種なんでしょうね。


70
これはジャクソニアナ・ロゼ
でら濃いピンクに弁先青が差す艶やかな品種です。
画像の花は庭植えにしてあったもので、早く9月1日に咲いた時のものです。
畑のジャクソニアナ・ロゼはいまが盛り。画像がなくて申し訳ないのですが、9月1日の花よりもさらに濃く咲いています。最近涼しいからでしょうかね。


ラジアータ(いわゆる彼岸花)は、まだ花茎も上がってきてません。
リコリスっていろんな品種をそろえると長く楽しめるからいいですよね。


2007年9月11日 (火)

そろそろヘレボラスシーズン

こんばんわ~
だんだんと涼しくなってきて、いろんな作業が増えてきましたね
涼しくなると、そろそろヘレボラス(クリスマスローズ)シーズンに突入です。
まずは昨年10月にタネ蒔きした1年生苗の植え替えからです。
通常開花株は10月頃に植え替えるんですが、小さな苗は生長が旺盛で、まだ暑いお盆ころから休眠から目覚めます。
77
これが1年生の苗。(2.5号ロングポット植え。ゼニゴケが生えてますが無視してください・・・)
明るい黄緑色の葉っぱが成長中のもの。上手に育てると、この時期もう少し大きいのですが、なかなか難しい。
あと、1~2枚葉がでてると上出来なんですけどね。
これを4号~5号の鉢に植え替えます。
今年は苗の数が少なめで、場所確保とかも楽でしたけど昨年は大変でした。鉢植えできなかった苗は畑植えになりました・・・

88
62
一年たつとこんなかんじ。
右は5号スリットロング鉢植え、左は畑植えの株です。
今までは冬場も外で栽培してましたが、昨年はスリット鉢は無加温の部屋の中、畑植えはトンネル栽培をしてみました。
そうしたら大成功!いつもよりかなり成長しました。
多分、今シーズンには咲きます。それくらいの大きさに成長してくれました!
しかーも今回は八重咲き交配が多かったので、でら楽しみです。庭中にダブルやセミダブルのヘレボが咲き乱れる、夢です!
しかし、野菜の隣でヘレボを育ててる人っているのかな。


60
畑のヘレボも成長が始まってます。
新芽の右側にある太い芽が花芽。来年の2月頃には、きっときれいな花が咲くでしょう!

2007年9月10日 (月)

ジャーマンアイリスの植え替え・・・

昨日今日と、先週掘り上げたジャーマンと英さんから送られてきたジャーマンの植えこみをおこなってました。
ジャーマンアイリスって丈夫なんですが、鉢植えだとしっかり管理しないと、なかなか咲かないんですよね。
毎年の植え替えを怠ると連作障害が出てくるし、たくさん肥料を与えると軟腐病が出るし、結構大変なんですよ。
なりよりも、わりと小さな鉢でも咲くハナショウブと違って、大きな鉢じゃないとダメなのがツライです。
まずは場所確保です。
枯れてしまって何も植わってない鉢をかたずけて、鉢をきれいに並べなおしてと・・・
でもまだ場所が足りない・・・でも、やめられないんだよね・・・
来週も鉢の置き場所を確保するためがんばります・・・
8182

今日は50品種くらい植え替えました。ジャーマンは湿気に弱い植物なので、用土も水はけよく配合してます。
うちでは中粒の赤玉土を中心に腐葉土と籾殻薫炭、砂を混ぜます。
かなーり水はけが良いです。他の植物には向きません。ジャーマン様専用の土です。
しかーも連作障害がでるので、すべて新しい土です。
贅沢だね・・・

鉢も今までは駄温鉢が中心でしたが、より水はけの良いスリット鉢(右の画像の鉢ね)に代えました。
スリット鉢はかなりオススメです。根も鉢底にグルグル巻くことも無く、え~感じに張ります。
ハナショウブのように水を好む植物には向きませんが、うちではジャーマンのほか、ヘレボラスや椿に使用してます。
こんだけ手を掛けたんだから来年はきれいに咲いて欲しいね・・・


ところで、今日もしつこく畑のリコリスを紹介します。

84
これは大型キツネノカミソリ。
大型というわりには、あんまり大きくありません。
オレンジ色がきれいなシンプル花形のリコリスです。


85
これはインカルナータ。
原種のひとつで、白地にピンクのスジが入ります。
リコリスの中では大型で、丈夫でよく増えます。
派手さはありませんけど、清楚で好きな花のひとつです。

87
そして、今日もまたブルーパールです。
今日のは朝方、陽がまだ当たらないときに撮った画像です。
薄暗い中で淡い青の花色がとっても幻想的です!!


86
ブルーパール(手前)とフォーン(奥)です。
こんだけたくさん咲くと豪快です。

2007年9月 7日 (金)

届きました~

78

英さまからジャーマンが届きました~!!!
でも、こんなに頼んだっけ?
と、思ってたらサービスいっぱいでした!
ありがとうございますぅ
明日は植え込み作業がたいへんだぁ

しかしながら、やっぱ本番のジャーマンは違いますわ。
先週うちでもジャーマンを掘りあげたんですけど、芋の大きさが違う・・・
元は同じだったはずなのに・・・
まあ、うちは鉢植えで、しかーも2年くらい植え替えもせずにほったらかしにしておいたから当然ですよね・・・
がんばんて肥培します。下のがうちの掘り上げジャーマン。

69

でわ、今日もリコリスを紹介!
64

これは、選抜キツネノカミソリ
キツネノカミソリは小型のリコリスで、ヒガンバナよりも小さいかんじ。
何が選抜なのかはよく分からないけど、多分普通種よりも花色が濃かったりするんでしょうね。

65
これはスプレンゲリー
この美しさで原種ってのはすばらしいですよ。
弁咲きの青色がたくさんの交配種に活かされています。
下のブルーパールなんて、もろスプレンゲリーの血を引いてるって感じですね。


71

2007年9月 5日 (水)

おひさしぶり

お久しぶりです。
ブログなのに全然更新してないね。
でも、そんなの関係ねぇぇぇぇぇ(小島風)
マイぺースで行きます~


涼しくなってき、種まきとか植え替えとかやることがたくさんありますねぇ
植物も秋を感じてだんだんと活動が始まってきました。
畑ではリコリスが花盛り!
ちょっとづつ小出ししていきます!

58


56

これはリコリス・ブルーパール
サカ○の通販で購入して10年以上たってる気がする。
スプレンゲリーよりも赤みが少なくてリコリスの中では、一番青いと思う。
今年の水色もとっても素敵ですけど、数年前に咲いた時が一番きれいでした。
もうちょっと涼しいと濃く咲くのかな。
でも、かなり花茎が上がって見事です。
ブルーパールは花立ちが良い品種で、1球から3~4本花茎が上がってます。
リコリスって品種によって花立ちにむらがありすぎます。
特に鉢植えでは咲きにくいのも特徴です。
なかなか栽培のコツがつかめません。


55
これは、リコリス・夕霧
なんだかスプレンゲリーにそっくりに見えますけど、実際そっくりです。
前はもう少し色が濃かったような・・・
暑さのせいでしょうか。


57
これはリコリス・スペラード
花色は黄色がかった白で、いかにも彼岸花って形で咲きます。
一緒に購入したブルーパールと比べると花立ちはあまりよくありません。


« 2007年7月 | トップページ | 2007年10月 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31