« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月31日 (水)

うるさい芋堀り

こんばんわ~
近くの自衛隊で事故が起きたようですね。
亡くなった方がいなかっただけよかったと思います。

こないだの日曜日は、うちの近所で航空祭がありました。
そしてツレの家族と芋掘り大会もありました。
芋掘り大会っていっても、1畝15株程度のミニ芋掘り大会です。
個人的にサツマイモはあんまし好きではないので、ほぼこの芋掘り大会のために作ってるかんじです。
188
まあ、子供は芋掘りっていうより土いじりってかんじで遊んでるだけですね。
中心はパパです。
畑は汚れるからって言ってんのに、白いTシャツを着てきたホリちゃん。
この後、サトイモとナガイモまで掘ってドロドロでした・・・

今年は暑かったのでサツマイモは豊作でした。
程よい大きさの芋が結構採れましたよ。

186
芋掘りの後は、畑に穴を掘って炭火をおこして焼き芋をしました。
やっぱ焼き芋は旨いわ。画像は、芋食うホリちゃん。

掘ってすぐの芋は水分が多くて美味しくないので、先週掘って乾かしておいた芋と、買ってきた芋で作りましたけど、うちの芋(紅東)はホコホコ、買ってきたのはネットリで、どっちもうめえっ!

190
この時点で子供たちはすでに芋に興味無し・・・
裸足になって走り回ってましたわ・・・

187189
最後は航空祭で飛んでた飛行機。
編隊を組んで飛んでたり、星作ったりと、うるさかったですわ・・・

2007年10月26日 (金)

秋の花、春の花

181

大文字草”雪輪”が咲きました。
花弁に切れ込みが入り、大の字には見えないですけど、大文字草です。
最近は品種改良が進んで、いろんなタイプの花が見られます。
八重咲きや花弁が細く長く伸びて垂れるもの、濃赤や緑花等いろんなのがありますね。
しかーも、実生しても緑や濃色の花がけっこう出ます。
今はメリクロンで増やした株が大量に出回ってるので、価格も安く、入手しやすくて良いですけど、育てるのは結構大変。
夏の暑さでやられる株が多いんですよ。
これはロックガーデンに植えた株で、夏越しがうまくいきました。(葉は若干ナメクジに食べられました)
水石に張りつけたりしても良く育ちます。
タネが実ったら横にある水石に蒔いてみます。


タネ蒔きと言えば(強引ですか・・・)
180
こちらはタネまき3週間くらいたったゴデチアとリナリアの苗。
そろそろポット上げの時期になりました。
どちらも早蒔きすると冬の寒さで痛んでしまうので、遅め(10月頃)に蒔く秋蒔き草花です。
若干寒さに弱いので、軒下やビニールトンネル下で冬越しさせますが、特にゴデチアは良く出来ました。
ゴデチアは切り花に、リナリアは花壇やコンテナ寄せ植えにピッタリの花です。
リナリアはいろんな品種がありますけど、うちではグッピシリーズを毎年作っています。
パステルカラー系の花がたくさん咲き、とってもきれいです。
単色植えよりもミックス植えの方が華やかでいいですね。
下↓は昨年のゴデチアの様子。紙細工のように繊細な花弁がとってもええよ~
184

2007年10月25日 (木)

素敵なプレゼント

182
いきなり画像ですけども、どう!この立派な梨!!!

あ、どうも、しばぞうです。
この梨は、ハナショウブ友達であり、園芸仲間である、しろうさぎさんからの贈り物なのです。
新興という梨だそうで、とってもおいしくて、とっても長持ちするらしい。
でも、そんなに長くは持たない。
なぜならすぐに食べちゃうから。
だって梨好きなんですもの。
しろうさぎさん、ありがと~う

2007年10月24日 (水)

変なの

こんばんわ~
変なもの好きのしばぞうです。
畑でもわざわざ変なものを選んで植えてる。


174
まずは秋田フキ
葉の大きさは普通のフキに比べものにならないくらい大きいです。
でも高さが無い・・・
秋田のあたり(寒い地方)では2mくらいになるらしいのですが、うちでは50cmくらいしかなりません。
しかーも煮てみたんだけど、硬くて食えねえ。
おまけに新芽がとんでもなく離れたところから出てくるから、人様の畑にも侵略しつつあります。

172
続いて、クニッツウコン。
ネットで調べたら薬ウコンとも言うらしい。
薬ウコンと言えば、仕事中によく聴くラジオショッピングで売ってたよ。
他のウコン(春うこん、秋ウコン、紫ウコン)よりもクルクミンの含有量が多いらしい。
しかーも初回に限り1家族様につき1袋だけ大特価だそうです。
大事にとっといて、来年さらに増やします・・・

175
最後は茎を食べる里芋の仲間。名前は不明です。
葉の形が普通の里芋とはちょっと違うかんじ。
でらちっちゃいいもを植えたのだけど、一夏ででっかくなりました。
酢の物で食べましたけど、シャキシャキしてて結構おいしかった。
芋は食べられるのでしょうか・・・

2007年10月23日 (火)

無茶してます

こんばんわ~
ここんとこ毎週のようにヘレボの苗の植え替えをしてます。
なぜなら、ヘレボの苗を無茶買いしてるから・・・
ホームセンターでもネットでも、ヘレボを見つけると、つい・・・
まだヘレボシーズンは始まったばかりなのにヤバイです。

169170

これは先週届いた高杉種苗さんの苗。
葉の大きさはいろいろですけども、根が元気に伸びてすばらしい苗ばっかです。
高杉さんはもちろんのこと、いろんなナーセリーで魅力的な交配苗が生産されてますね。
あれもこれもと、欲望のおもむくままに買っちゃってますわ・・・
今年は濃色系のダブルやセミダブル、あとはピコティ系が狙い目。
昨年は黄色系が多かったなぁ。

171
1年生苗は5号ロングスリット鉢に植え替えです。
用土も、うちでは草花には赤玉土小粒+腐葉土が基本ですけども、ヘレボは特別。
赤玉土小粒と赤玉土中粒、腐葉土、パーライト、籾殻燻炭、ゼオライト、粒状培養土、緩効性肥料をブレンドして使ってます。
なんちゅー贅沢なんだろ。
これだけしてるのだから、ぜひとも素晴らしい花を咲かせて欲しいですね。


172
こちらは、タネ蒔きから2年たった今年開花予定(だった?)株。
中心の芽から太い茎の葉が伸びだしてます・・・
花芽の付いた開花済株は、この時期、芽は動いてません。
ホントに花は咲くのかぁぁぁぁぁぁぁ

2007年10月21日 (日)

記念樹

こんばんわ~

昨日は友達の愛息子、ゆっくんの記念植樹祭に行ってきました~
ボクが住んでる市では森を作ろうみたいなイベントがあって、昨年1年間に子供が生まれた家族を招いて植樹祭をやるんです。
165
行ってみたら、どえらい人・・・
会場のアナウンスによると630家族も来てるらしい。
じいちゃん、ばあちゃんや、ボクみたいな余分なのも来てるので、1500人くらいは来てるんでしょうか。
今年は桜の森を創るということなので5種類用意されてましたので、その中で枝垂れ桜を選んで植えました~


167166
初登場!広沢家!
ゆっくんです~!
でらかわいいです~!
昨年植えられた場所では、枯れてしまった木もけっこうあったので、腐葉土も持ち込んで土に混ぜましたよ。
プレートを立てて、こそっとヘレボの苗と原種チューリップも植えました。


168
最後は遅れてきた藤井家のれんじろう君と一緒に記念撮影。
数年後の春には、桜が咲き乱れる森をみんなで見に来たいですね。
二人とも元気に育ってね。

2007年10月17日 (水)

畑で栽培

こんばんわ~

今日は畑のヘレボの栽培状況を報告~

139071024_2

昨年10月下旬にハナショウブ栽培跡地を耕して畝を作り植えつけたところ。
畑植えにしたのは鉢植えスペースがなくなったから。
苗のうちから地植えにすると、根や葉の成長が良くなって花の咲くのが遅くなってしまうそうなのですが、昨年はタネを蒔きすぎて大変なことになってしまったので、しょうがなく畑植えに・・・
植え付け間隔もホントは30cmくらいとらなくちゃいけないんだけど、それも無理・・・
最後の手段でしたよ。
しかーもヘレボの苗の植え替え・植え付け適期は8月中旬~9月初旬。
かなり遅れて植えつけたため次シーズンの開花はあきらめてました。


141070129_2140070129_2

こちらは2月はじめの様子。
霜柱がバンバン立つので、トンネル栽培にしてあります。(画像は撮影のためにめくってあります)
完全トンネルだと暑いかな~って気がしたので、隙間を空けての栽培。
ヘレボの苗は無加温野外栽培では、この時期はほとんど生育しません。
まあ、若干大きくはなってますけど、そんなには成長してないかんじ。
生育適期の秋に小さなポットのままだったので、それがひびいてますね。


それが・・・
142070430_2143070507_2

3月に入ってからは急成長。びっくりするくらいの速さで大きくなって、鉢植え栽培の苗の大きさを超えました。
画像は4月下旬と5月上旬の様子。
日も良く当たるので株も引き締まって、とっても良い状態になりました。
秋の株の状態は先日紹介しましたけど、太い芽が付いて、脇芽もたくさん。
かなーりの株が咲きそうで嬉しいですね。

そんでもって、これは今年の苗と、それを植えつけたところ。
昨年よりもさらに小さな苗です。
そして植え付けはやっぱり10月・・・

2007年10月16日 (火)

秋の花いっぱい

こんばんわ~
今日は畑の秋の花を紹介

159160162

秋はダリアがきれい。
品種名の分からなくなってしまったものが多いですが(真ん中は京絵巻)、たくさん咲くとデラきれいです。
うちでは切花にするため中輪が多いですが、もう伸ばしたい放題なので小輪になってます。

156
こちらは英さんに習って、夏に地際からバッサーした株。
モサモサ芽が出て蕾もいっぱいです。
何年も張りっぱなしのネットにちょうど引っかかって、良いかんじに広がってくれてます。
霜がおりて枯れてしまう前に咲いてくれるとよいんだけどね。

153154161

続いてはコスモス3種。
左からイエローキャンパス、オレンジキャンパス、こぼれタネコスモス。
キャンパスシリーズは従来に無い花色でとっても目立ちますけど、オレンジキャンパスはどう見てもオレンジじゃない・・・
サーモンピンクというか、黄色にピンクが混ざってるというか、個人的には一番苦手な花色です。
でも、珍しいっていうだけで育ててしまう俺様・・・
右のこぼれタネコスモスは半八重咲きで、画像では分かりにくいけれど、ほんのり黄色がのっています。
何年か前にイエローキャンパスが植えてあったので、その血が入ってるんでしょうね。
コスモスもダリアと一緒で切花にすると良いですよね~

155
こちらはコキア(箒草)
これもこぼれタネで勝手に生えてきた株ですが、とんでもなく大きくなって直径1mくらいあります。
秋になると真っ赤になってデラ存在感いっぱいですよ。

2007年10月15日 (月)

紅葉狩り

はあ~い、しばぞうです。
最近忙しくて(仕事でではない)、今日は久しぶりに早く家に帰れました。

今日は昨日行ってきた新穂高ロープウェイの紅葉を紹介します。

天気予報では日曜は雨でしたので、近場で遊ぼうと思ってましたが、朝起きたら天気いいやん・・・
急遽予定を変更して岐阜県高山市にある新穂高ロープウェイに紅葉を見に行ってきました。
新穂高は初めて!
今年はいつまでも暖かくて紅葉は遅れてましたけど、この日しか行けないのでがんばりましたよ。
幸い天気予報が外れたおかげで現地に行くまでは割りと暖かかったけれど、さすがに標高2000m以上では寒いっ・・・

145_2149_2


頂上付近はこんな感じ。
これで八分くらいだそうです。赤い木々はあんまり無かったですけど、緑と黄色と笹の銀色と少しの赤がっけっこうきれい
それにしても寒かった。多分気温10度前後。
ボクは寒さに強いほうですけど、そんでも寒かった。
今シーズン初めて3枚重ねで服着ました・・・
油断して短パンにTシャツで来てた人はかわいそうでした。


148_2162_2


山によっては緑一色や、木も生えないくらいの高い山で岩だらけのや、見渡す限りいろんな山です。
右の岩だらけの画像にある尖った山は遠くに見える槍ヶ岳の一部です。
♪~アルプス一万尺~小槍の上で~アルペン踊りをさあ踊りましょっ~♪

この歌は、槍ヶ岳で踊ったアルペン踊りの歌だそうです(たぶん)
あんなとこで踊る踊りっていったい・・・

ちなみにボクは、小ヤギの上でアルペン踊りを踊ると思ってた。
絶対そう思ってる人はいるはず・・・


最後は一緒に行った、まみぞうとごちょっぺ。そして大木に絡まる赤い葉。
みなさん、おつかれさんでした。
147_2163_2

2007年10月10日 (水)

秋の花

こんばんわ~

最近はヘレボのことが多かったので、今日は秋の花を紹介です。
125
126
まずはエンジェルストランペット。
うちにあるのはピンクと白。
畑に地植えしてあるので、かなりの大株に育って、たくさんの花をつけています。
いつもは秋に挿し木をして株を更新するのだけど、昨年の冬は暖冬だったので、元株が冬を越してかなりの株になってます。
花弁がひらひら波打って、まさに天使のトランペットですね。


144
こちらは、クレマチス・アフロディテ・エレガフミナ。
今年何度目の花でしょうか。
花後に切り戻せば、何度でも咲く四季咲き系はいいですね。
暑い夏も見事に切り抜けてくれました。
涼しくなって花色も冴えてます。
この株はエゴノキに絡ませてありますが、適度に茂って覆い尽くすってことが無いので、とっても良いですよ~


80
最後はコリウスの寄せ植え。
花壇植えにしたコリウスを摘芯したときに出た頂芽を挿し芽して寄せ植えにしたものですけど、よいかんじにまとまってます。
コリウスは挿し芽すればどんどん増やせるのがよいですね。
昔は派手派手なかんじがヤでしたけれど、最近はベルベットのような質感や他の葉には無い黒葉なんかに魅力をかんじます。

2007年10月 7日 (日)

ハナショウブからヘレボラスへ

こんばんわ~

今日は実生で育てたハナショウブの選抜落ちの株を抜きました。
135
選抜落ちとは言っても、どれもきれいでかわいくて、なかなか抜けなかったんですが、植えてから4年たって連作障害も出てきたし、他の野菜や花も植えなくてはならないので思い切りました。
・・・とは言っても、地面も見えないほどびっしりはびこって、おまけに勝手に桑の木が生えてるし、デラ大変でしたよ・・・
休憩しながら掘り進むこと約2時間・・・


136
抜いた株を片付けて石灰撒きました。
まだ右側にハナショウブが残ってますが、まあ追々抜いてきます。
今日はこれが限界です。
後は肥料や腐葉土をまぜて出来上がり。
多分ここにはヘレボを植えるでしょう。


137
ところで、昨日畑掘りのヘレボのことを書きましたけど、これは鉢植えで育てた同じ年数がたった株(5号ロングスリット鉢植え)。
冬の間は無加温ですが部屋の中で育ててたので、かなり大きくなってますけど、やっぱり畑植えにはかなわない・・・
開花株程度に大きくなってる株も多数ありますけど、脇芽の数は少ないし、あまり日当たりが良くなかったので茎も徒長してます。
中心の芽が伸びだしている株もけっこうあって、今シーズンの開花が心配です。

2007年10月 6日 (土)

畑掘り

こんにちわ~
昼間の更新は初めて?
今日は作業が早く終わりました~

ヘレボラスの大株の植え替えをしなくちゃいけないんだけど、根が張りすぎてとっても大変です。
2株ほどやって諦めました・・・

131
これはヘレボラス畑の様子。
涼しくなったので先週寒冷紗をはずしました。
畑のヘレボはとっても調子が良くて、今年花が咲く株がけっこうありそうで楽しみです。
このまま畑で咲かせるのも何なので、5株ほどは鉢上げをしました。


133
これは掘り上げた、畑ヘレボの状態(2個体)。
掘り上げの時にけっこう根を切っちゃいましたけど、それでもこの根張りのすごさ!
これらの株は2005年の2月に交配、2005年10月播種、2006年2月に発芽したもので、発芽からわずか1年半ほどでここまで大きくなりました。
以前鉢植えで育てていた頃は、ここまで大きくなるには、もう1年かかってましたので、すごい進歩です!


132
これは、植え込んだ畑ヘレボの株元。
中心にある太い芽がたぶん花芽で、脇芽もたくさん増えてる立派な株です。
秋になるとヘレボは生育を開始しますが、この中心の芽がこの時期から伸びだしてるくると、今シーズンの開花の可能性が低くなります。
この株は脇芽は新葉が伸びだしてますが、中心の芽は眠ったままです。
楽しみ~

秋になって

こんばんわ~

秋の花がたくさん咲いてます。
涼しい秋は花の色も冴えてるかんじがしますね。
今日はサルビアを紹介。

121
これはサルビア・レウカンサ。
うちにきたのは、12年前。
当時は、結構珍しくて、偶然、出店で見つけて喜んで持ち帰ったことを覚えています。
株全体が細かい産毛で覆われていてポヤポヤしてます。
この株は植えっぱなしの大株なので、草丈も1.5mくらいになってますけど、
サルビアは挿し芽が簡単で、初夏ごろ挿し芽をすると小さな株で花を咲かすことも出来ます。


117
これはサルビア・アズレア
明るい水色の花がさわやかです。
日陰で育てているので枝もまばらで花付きもよくないですが、
すがすがしい花色が日陰の庭を明るくしてくれます。

118
こちらはサルビア・ガラニティカ。
アズレアのさわやかな水色と対照的に、深く濃い藍色の花です。
こちらは何年か前に挿し芽をして小さな鉢に植えたままですが、毎年花を咲かせてくれています。
夏の1番花が終わった後、剪定をすると、脇芽がたくさん出て花数も増えます。


124
こちらはサルビア・ミクロフィラ”ホットリップス”
チェリーセージと呼ばれる真っ赤なサルビア・ミクロフィラの変種で、赤い花の他、白や赤白半分づつの花を咲き分けます。
暑い時期は真っ赤な花が多いですが、涼しくなってくると花色に白が混じり始めます。
とってもかわいらしい品種です。

2007年10月 4日 (木)

たいへんなことです

こんばんわ~

急に涼しくなってきてイイかんじですね~


123
ところで、これは何だと思います。
実はこれは春に採取して保存してたヘレボラスのタネ入りお茶パックです。
ヘレボのタネは乾燥させると発芽率がおちるので、お茶パックに入れて、10月の種まき時期まで保存するんです。
で、これを播種用土に蒔くんですけど、今年はチョーシにのって交配しすぎて、合計41袋・・・
1袋(1交配)で30粒くらいあったので約1200粒・・・
・・・
まあ、全部芽が出るわけじゃないし、多分大丈夫だと思いますけど・・・大変なことです。
でも、どれもスペシャ~ルな交配ばかりなので、ちゃんと芽が出て欲しいです・・・


そして、ひさぶりですけども今日もリコリス紹介します。
122
今年は涼しくなるのが遅くて、お彼岸には咲かなかった彼岸花の白と赤。
最初は赤と白を分けて植えてあったんですけど、植え替えの時に混ざってしまって、今は赤白混色で咲いてます。
幅50cm、長さ5mくらいに咲き乱れてる彼岸花は、とってもすばらしいですよ。
彼岸花って、不吉なイメージがあって嫌われがちですけど、赤白(紅白)で植えるとめでたくていいね。


119
これはリコリス・薩摩美人。
彼岸花(ラジアータ)を淡くしたような花色です。
もう10年くらい鉢植えにしたままですが、毎年花を咲かせてくれます。


127
こちらはリコリス・秋月。
真黄色ではなくて、少し茜色がかっていて秋の月ってかんじです。
リコリスは絶妙な花色のものが多くてよいですね。

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31