« 2007年11月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月28日 (月)

2番花

240

こんばんわ~
どうよ、これ!
先日紹介しました糸ピコダブルの2番花です。
初花よりもきれいになりました!
1番花よりもピコがくっきり出て、花型も整いました。
今年はこの花と昨年からある糸ピコセミダブルを交配させようと思ってたんですが、
うちの花の開花はまだまだ先・・・
最悪糸ピコダブルの花粉を冷蔵庫で保管して交配するか・・・
でも、O型の性格上めんどくさいことは嫌いなんですよね。
まあ、何とかします。


241
こちらは今期購入のレッドブラックシングル、気持ちセミダブル。
写真の撮り方が悪くてわかりにくいですが、
ネクタリーが通常のシングルより大きめでセミダブルっぽくなってます。
花弁は細くて花型は良いとはいえませんが、大きめのダークネクタリーが目をひきます。
しかもこの株、普通の株に混じって売ってたので850円だったんですよね。
なんだか得した気分!
蕾もいっぱい付いてて、これからが楽しみです。


237238

ヘレボ以外でもたくさんの植物が春を待ってますよ~
左はミニアイリス、右がクロッカスの芽。
どちらもロックガーデンに植えてあって、ミニアイリスは植えっぱなしで2年目ですけど、
今年もちゃんと芽が出ました~。
他にも黄花セツブンソウとか青いチューリップとか植えてありますので、春が楽しみです。


2008年1月23日 (水)

葉もいろいろ

こんばんわ~

ここんとこ寒いので、なかなかヘレボのつぼみも大きくなりません。
でも生き生きした葉っぱも、結構見てて楽しい。
今日はそんなのを紹介します。
227
まずは斑入り葉から。
花はいたって普通ですけど、葉には白やピンクの斑が入ります。
この株は5年ほど前、岐阜にあるナーセリーさんのとこで直接購入した株。
そのときは白斑だけでピンクは入ってなかった気がしますけど、
花と一緒で、年によって変化するんですかね。
しかも、斑の入る葉は全部でなくて一部のみ。
ホント気まぐれです。

225228
つづいて黄色系の花が咲く株、2株。
他の花色の株に比べて幅広だったり切れ込みが多かったりするのが特徴的です。
右の株はアプリコットとゴールドの交配苗。
うちにある株の中でもかなり幅広です。
黄色系の花は原種のオドルスを使った改良が多いようですが、
たしかにオドルスも幅広の葉です。
花色だけじゃなく葉の性質も遺伝するんですね。
左の株はイエローブロッチのセルフ苗。
同じ兄弟株も同じような葉で、他のヘレボよりも、かなり切れ込みが深くて、美しいです。

原種の中にはもっと切れ込みが入るヘレボ(ムルチフィダス・ヘルツェコビナス)がありますが、
こちらは成株になると100以上にも分岐します。
(以前うちにもありましたが、枯れてしまいました・・・)


229
そしてこちらは紫葉。
やっと開きだしたばかりの葉ですが、葉を包む包(ほう)の部分まで江戸紫!
紫葉系のヘレボの花は、黒やグレイなど濃色系のものが多いので
濃色系の交配をした時は、葉を見て花色を想像しましょう!
でも、この紫葉、展開すると緑色になっちゃうんですよね。
ずっと紫葉ならいいのにね。


236
最後はピコ葉。
緑にくっきり赤ピコ。
この葉は裏側が赤くて、それが表の縁取りとして現われてるみたい。
葉がピコだと花もピコになるっていうことを聞いたことがあるけど、
この株は多分なりません。
兄弟株がみんなこんな感じなんですけど、交配親はピコじゃないから。
でもピコ葉で、しかもこの切れ込み。
葉だけでも十分美しいです。

2008年1月22日 (火)

結果出ました!

こんばんわ~

緑花試験の結果が来ました~!
2級だってさ・・・
最低だよ・・・
・・・
来年がんばろ・・・


さて、そんなことはさておき、
233
これは昨年初開花のダブルホワイトスポットの蕾。
蕾がまんまるでコロコロしてて、とってもかわいいです。
このキュっと丸まった蕾は、丸弁の証拠。
これが剣弁の花だと、蕾も尖ってます。
今年初開花の蕾は尖ってるものが多くて、少し残念です。
今までの交配って、花色だけを考えて交配してましたけど、
もうチョット花型とか草姿を考えてやらなきゃいけないですね。

235
そして、こちらが花色だけを考えて交配したやつら。
っていうか、花型まで考えて交配出来るほど、良い親がないんですけどね。
左の発芽苗は先日1本だけ芽が出ました~と紹介したポットです。
こんなに芽が出てきました!
右は糸ピコ系のダブルとセミダブルを交配した苗です。
花型や草姿はともかく、ぜひとも糸ピコ系の花が咲いて欲しいですね。

ネットを見てると、温度処理をして早期発芽をさせて早く開花させる方が結構みえるみたいですけど、
ウチは自然にまかせてるので(めんどくさくてやらないとも言う)、まだ双葉が出たとこです。
まだ地表に芽さえ見せないポットもいっぱいあります。

2008年1月20日 (日)

次々出蕾!

こんばんわ~
今シーズン初花予定の株が、次々蕾が上がってきてます!
232231230

どれも2005年交配の2年生株です。
今年は咲かないかと思ってましたけど、何株かは蕾が上がってきました!
とりあえず左の株はダブルでした(無理やり、むきむきして確認しました・・・)
真ん中の株はイエローダブルとピングダブルの交配なので、アプリダブルが咲いたら最高なんだけどね。
よ~く日光に当てて、きれいな発色を促します!
右の株は蕾が見えてませんが、根元がぷっくりして確実に蕾が入ってますよ~。


234
こちらは同じ2005年交配の畑植えの株。
霜柱がすごいんで先日ビニールを張りました。
こちらも花芽が上がってきてます!
さすが畑植えだけあって生育も良く、こちらは花芽が2~3本ある株もあります。


2008年1月16日 (水)

ついに来ました!

こんばんわ~
何が来たのかというと、注文していた白糸ピコティーダブルが2株届いたのですっ!!

217216
花弁が緑がかってるとか、よれてるとか言わないのっ。
糸ピコティーダブルは、ヘレボマニアの憧れなのです。
たとえカタログに、デラきれいな花が載ってて、それとはチョット違ってもいいんですよ。
この二株を元にSzピコティーダブルをめざしますよ!

昨年は糸ピコティーセミダブルを手に入れたので、それと交配しようかな。
それともこの二株で交配しようかな。
もうすぐヘレボの交配シーズンが始まります~
今年はやりすぎないよう気をつけます・・・

2008年1月10日 (木)

冬の花

こんばんわ~

今日はヘレボじゃなくて、違うのをいってみます。
212
これはネリネ・ウンズラータ(別名クリスパ)
花は他のネリネに比べて細弁で、花の大きさも小さめですけどとっても丈夫な原種です。
ネリネって、枯れはしないんですけど、なかなか花が咲かないんですよ。
ただしウンズラータは別。
よ~く咲きます。しかも丈夫で、地植えもできるらしい。
ドライブしてると、路地植えでたくさん咲かせているのを見ます。
しかも、霜がバンバンあたってそうな場所でも平気で咲いてます。
うちでは地植えする場所がないんで鉢植えですけども、場所さえ空けば、ぜひ地植えしたい植物のひとつですね。  


214
つづいてプリムラジュリアン。
毎年初夏には枯れるってわかってても、つい買っちゃうんですよね。
たまーに、運良く夏越しする株もありますけど、だいたいダメ。
そんなに弱い植物では無いはずなんですけど、うちの庭では無理みたい。
この花たちは先日行った、美貴フラで1株98円で買ってきたもの。
まあ98円なら、1シーズン楽しめればいいかってかんじです。
ちなみに美貴フラとは、中部地方では結構有名な園芸店。
でら安で、いつも掘り出しモノが見つかる楽しい店です!
うちからは、わざわざ高速使って行きますが、そんでもいいかなって思える店です。


220221
最後は多肉植物の一種、玉型メセン類です。
リトープス属とかコノフィツム属の多肉植物を総称してこう呼ぶようです。
秋から冬に咲く花もきれいだし、小さくてコロコロした草姿もかわいいんですけど、この植物の面白さは秋の休眠期が開けるとき。
なんと脱皮するんです。
初夏頃茶色くなりだして、干からびて枯れたようになっちゃうんですが、実は枯れたわけではなく休眠してるだけ。
涼しくなって水遣りを再開すると、枯れた皮を破って緑の玉が現れます。
上手に育てれば1個の玉から2~3個の玉が出てきます。
ボクが住んでる岐阜では、多肉植物のナーセリーがあって、園芸店などでもよく見かけます。
1鉢200円前後で売られてるのがうれしい!
2号程度の鉢で育てられるし、ひそかにコレクションしてます。

2008年1月 9日 (水)

芽も出ました

こんばんわ~

昨シーズンに交配して10月にタネ蒔きしたヘレボの芽が出はじめました。
昨シーズンは調子こいて、たくさん交配しちゃったもんだから、結果として1200粒弱のタネを蒔きました・・・
で、芽が出たのがこれ↓
213
とりあえず一つだけですけど双葉が開きました。
ここには写ってないですけど、他にもたくさん芽が出はじめてます。
ちなみに画像にも写ってますけど、この交配はヒデコートダブル×(c65×ダブル)です。
ヒデコートダブルはダブル(八重咲き)なのに、ネクタリーがあるという特殊なダブルです。
濃紫ダブル交配の苗から偶然出た、うちのお宝です。
(c65×ダブル)は先日もここで書きましたけど、濃色系のシングルとダブルの交配から出た黒系のシングルです。
ヒデコートダブルは赤~紫系の花色が多いらしいのですが、(c65×ダブル)に隠れている黒い花色とダブルの遺伝子を加えたくて、交配してみました。
花が咲くのはうまくいって2年後。
デラ楽しみです。
ヒデコートダブルと、(c65×ダブル)はこんな花です↓
219218

2008年1月 8日 (火)

蕾がたくさん!!

こんばんわ~
ヘレボの蕾がどんどん大きくなってて、とっても楽しみです。

昨日も2つほど開花株を紹介しましたけど、購入株以外で花が咲いているのは5つくらい。
他の株はこんな感じ↓
208210

左の株は花芽が6~7もあって、とっても優秀な子です。
もう3~4年くらいたってる株なので、かなりの大株になってます。
これから花芽が伸びて20個くらいは花が咲くでしょうか。
左の株のように葉芽がまったく伸びてないと、花が咲いた時とっても見栄えが良いです。
右の株も花芽はありますが、葉芽がいくつか伸びてしまっているので花時の姿はイマイチ。
すべてが左の株のようになるといいんですけどね。

209
こちらの株は、ダブルイエローピコティー予定株。
昨年、苗で購入した株なので、あくまでも予定ですけども・・・
成長の遅いパーティードレス系のヘレボですけども、無事花芽が着いたみたいです。
展開しだした赤い新葉も、ピコティーになってて、なかなかイイ感じですね。
ぜひとも予定通りの花で咲いて欲しい。
なぜなら、とっても高価だったから・・・


205
最期は、畑植えのSz交配イエローブロッチ予定株。
葉にピントが合ってしまってボケてますが、少しだけ見える蕾は、淡い黄色のコロコロ蕾。
黄色系のヘレボは葉にも特徴があって、他の花色の株よりも幅広の葉をしています。
この株をはじめ、兄弟株はどれもが幅広の葉です。
開花が期待できますね。

2008年1月 7日 (月)

咲き出しました

こんばんわ~

今シーズンは天候がおかしくて、ヘレボが早くから咲き出してます。
12月中旬くらいには最初の花が咲いたでしょうか。
203
これが今シーズン一番のりの花。
(c65(濃色系のシングル)×ダブル)から出たスレートブルーシングルのセルフ株。
濃色系のダブルかセミダブルを期待していたのだけれど、何これ?
無理して見れば、若干セミダブルですけども、色も濃色じゃないし・・・
兄弟株があと2株あるので、そちらに期待します。
しかしながら、この株、実はタネ蒔きから2年(交配から3年)で花を咲かせました。
プロの方なら当然ですが、うちでは更に1~2年余分にかかるのが当たり前でしたので、
これはカナ~リの進歩ですよ。


204
こちらは畑植えのSz株。
片親は上の交配と同じく(c65×ダブル)。これに濃赤シングルを掛けたものです。
兄弟株も何株か咲きだしてますけど、みな同じように濃色系のシングル花が咲いてきてます。
個人的には濃色が好きなので嬉しいのですが、できたら1株でもこの色でダブルかセミダブルにならないのかと、淡い期待を抱いています。

2008年1月 6日 (日)

遅ればせながら、おめでとうございます

200
皆様、お久しぶり&あけましておめでとうございます。

いや~、1ヶ月半ぶりのブログですわ。
毎度申し訳ございません。
今年はがんばっていきます。
新年一発目は、とりあえず今年の年賀状を張っときます。
何年か前までは何日もかけて絵を描いてましたけど、最近はめんどくさくて・・・
今年も我が家で咲いた花たちをお披露目しました。

オススメは左上の、アジサイ・モナリザ。アジサイならではの青紫がステキです。
あ、左下のハナショウブ・夢の羽衣もイイですね。
でも、右上のクレマチス・アフロディテエレガフミナも捨てがたい・・・
中央下の椿・ナイトライダーもオススメです。
その横の白にブロッチの入る、Szヘレボもええよ~
まあ、どれもうちの自慢の花たちです。
今年もがんばって花咲かせます。
皆様、よろしくお願いいたします。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年2月 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31