« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月30日 (火)

病気の株

こんばんわ~


ここんとこの涼しさでヘレボの苗たちは次々と新葉の伸ばしてます。
ん~良いことだね!

でも、悪いこともある・・・
病気の株がたま~に見つかること・・・

今日はそんな株を載せます・・・


543


白絹病の菌核です。

白絹病は多くの植物に発生して
地際辺りに白い菌糸を蔓延らせて枯らしてしまう病気。

菌は乾燥したり冬になると菌核を作って冬を越し、また次の年に発生します。

上の画像は、スリット鉢のスリット部分に現れた菌核で、
乾燥してるため糸状ではなく菌核になってます。


ヘレボの白絹病は、ネットで検索しても出てこないし
みなさんのとこでは発生していないのかもしれないけど
うちではここ数年、何鉢かで見られる病気です。

今年は、夏の水やり中や植え替えの時に5鉢見つけました・・・

ただ、救いなのは、この病気が発生してもヘレボは元気なこと。
消毒中の発生株の様子です↓
544

葉はとっても元気です。
ここには映ってないけど根っこもいたって元気


白絹病が発生する条件は・・・
①未熟の有機物の使用
②酸性土
とからしいので、
今年は、よくこなれた腐葉土を使うことと
植え付け用土に少し石灰を混ぜることにしました。

そして春になったら薬を、どばどば撒いてやる~・・・

2012年10月29日 (月)

サツマイモがたくさん採れたので

こんばんわ~

土曜日に芋ほりしました~


かなーりの数のサツマイモが採れたので
それを消費すべく今週もお菓子を作りました~


542_2


サツマイモのパウンドケーキです!

つぶしたサツマイモと
サツマイモのキューブがたくさん入ってます。

ただ、サツマイモは中くらいのを1本使っただけで
思ったより減らず・・・

でも、美味しかったのでまた作ります~!


2012年10月25日 (木)

秋の花

こんばんわ~


畑では秋の花がたくさん咲いてます!


533534535_2


536


ダリア4種です。

最初の三つは品種名が付いたやつですが、
名前忘れました。
最後のひとつは植えた覚えのない場所に生えてるので
こぼれタネからの実生かも・・・

ポンポン咲き、大輪咲き、爪白咲きといろいろありますが
どれも植えっぱなしで10年くらい・・・
それでも咲いてくれるダリアは偉いっ!


532

シュウメイギクです。

シュウメイギクってもっと儚げで小さなイメージでしたが、
畑の力はすごいっ
1mは優に超えて咲き誇ってます・・・

538

アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)です。

当時(1995年)、けっこう珍しかったアメジストセージを見つけて購入。

それ以来同じ場所に植わってますが、毎年花を咲かせてくれます。

2年ほど前、畑に車が突っ込んで完全に踏みつぶされましたが、無事復活。

こいつも、でら丈夫なやつです。


537

最後はジンジャー・白蘭です。

ショウガ科の植物で葉もショウガに似ていますが、
草丈は2mと、でら巨大です。
畑だから育てられる植物です・・・

白蘭の特徴は香りがとても良いこと。
そして丈夫なこと


畑の花たちは、どれも丈夫ですね。


2012年10月23日 (火)

今週も植え替え

こんばんわ~

寒くなりましたねぇ。

ヘレボの植え替えを早く終わらせないと・・・

と、言うわけで週末にがんばりました!

539

先週は原種系や小輪系を中心に植え替えましたが
今週の植え替えはヒブリダスが中心。

夏越しが上手くいって、きれいな葉が茂ってます!
きれいな葉や、大きくなりつつある花芽を堪能しつつ植え替えしてるので
作業が進みません・・・

50株ほど植え替えて終了。
まだまだ先が見えません・・・


541

こちらの株は、若干葉焼けしてますが
病気も出ず立派に育ってます!

7号スリットに植わってますが、
8号に植え替えが必要か・・・


2012年10月22日 (月)

鬼まんじゅう

こんばんわ~

本日2回目のアップです~


540

サツマイモで鬼まんじゅう(蒸しパンタイプ)を作りました~

厳密に言うと、このあたりで有名な鬼まんじゅうとは違います。
ホントの鬼まんじゅうは、蒸しパンタイプではなく、
もっと小麦粉の生地が薄くてモチっとしてるやつです。


甘さ控えめで、素朴な味っ!


試し掘り

こんばんわ~

畑のサツマイモ、里芋の試し掘りをしました~

530

サツマイモ・ベニアズマです。

これで2株分。
今年のサツマイモは豊作です~!

サツマイモって、つるの後片付けが大変だし
あんまり食べないので
そんなに作らなくてもいいんだけど、
子供たちの芋掘りのために作ってるようなものです。

来週あたりに芋掘り祭です!

531

こちらは、里芋。
土垂れという一般的な品種です。

里芋は今年は少々不作気味・・・

孫芋(親芋の横に付く子芋の更に横に付く芋)が、あまり大きくなりませんでした・・・

里芋の収穫は、うちでは11月初旬に掘るので、あと2~3週間。
少しでも大きくなってほしいものです。

ちなみに、うちでは土垂れの他に
岐阜県美濃市を中心に作られている、円空芋と
うもーりーさんで貰った新潟の芋を作ってます。

それぞれ味わいがあって美味しいですよ~

2012年10月17日 (水)

原種系交配の植え替え

こんばんわ~

ヘレボの苗の植え替えは、
半年ごとに一回くらいで鉢増しすると
順調に大きくなり、初開花も早まりますが、
例外もある・・・


それが、原種や原種の血が濃い原種交配の苗です。

格段に成長が遅い・・・

411422


以前紹介しましたが10年交配の苗たちです。

昨年の春に2.5号ポットに鉢上げしてから約1年半、
このままの状態で育ててました。


そして現在がこちら↓
517

8月には最初の画像のように、でら元気だったのに
灰カビにやられて無残な姿に・・・

原種は暑くなると落葉することもありますが
うちのは病気です・・・


まあ、なってしまったものはしょうがないので
この機会に植え替えをしました。


でも、地上部が完全になくなったポットでも・・・
519520

土をどかしてみると、
芽は元気な株がいっぱいある~!
生きててくれてありがとう~!


516518

地上部のある株も無い株も
根っこは黒くなってなくて
まだまだイケるっ!


521

あまりにも貧弱な株は、
2.5号ポットのままにしましたが
他の株は3号ポットに昇進!

開花までの道のりは永いですが
がんばります~


2012年10月15日 (月)

収穫の秋なので・・・

今日も二つめのアップです~


524

家で収穫したサツマイモを使って大学芋を作りました!


作るって言っても、サツマイモを揚げて
市販の大学芋のタレをからめるだけっ!

素朴で懐かしい味です。
でらうまですっ!

サツマイモは、まだまだどっさりあるので
今度は何を作りましょうかねぇ!

とりあえず次は鬼まんじゅうを作ろうかなぁ・・・


開花株の植え替え!

こんばんわ~

11年苗、10年苗と鉢増しが終わり、
ついに開花株の植え替えが始まりました~

苗と違って、鉢の大きさや用土の種類がまちまちで
植え替えに一番時間がかかるのが開花株です・・・

おまけに使う用土も半端な量じゃないので、
作っても作っても足りない・・・

しばらくはこの作業が続きます・・・


522

とりあえずこちらの株たちから植え替え開始です。

ちらっと見える用土は、水捌けを重視したブレンド。
硬質赤玉土、硬質鹿沼土、日向土小粒、燻炭、炭、イワミライトをブレンドしてあります。

この用土は、主に原種や原種の血が強い交配種に使用してます。
とっても水捌けが良くて、
根腐れの心配がない代わりに、
乾きも早くて乾燥しやすい時期は要注意です。

画像の株たちは苗でお迎えして2~3年ほどたった株たち。
なかなか大きくならず4号ポットで育ててましたが・
ようやく花が咲きそうなので、ポットからスリット鉢に格上げです。

523

ポットから抜いてみるとこんなかんじ。

新根も伸び出してるし、
適度に根っこも張って、ちょうど植え替え時期ですね。


ちなみに根っこが回ってる用土を見てもらうと分かりますが、
全然崩れてないの分かります?


なので、この用土で植えた開花株は
毎年の植え替えはせず、
汚れてる表土の部分だけ入れ替えるようにしてます。
(今年からそうすることにしました)

昨年植え替えた鉢には目印の黄色いラベルが立ててあるので
そういう鉢は表土だけ入れ替えてます。
そのおかげ植え替えスピードが格段にアップ!
更に新しい用土も少しですむっ!

2年ごとの植え替えでイケるかどうかは分かりませんが
とりあえずやってみるっ!

529

そんなこんなで植え替えした株たちです。

半日で写ってる株の倍くらいの株の植え替えを終了しました!


初めて作りました、初めて食べました

はい、こんばんわ~

一日に二つもアップ(12:00をまたいでしまいましたが)するのは、はじめて~


先日、栗をいただいたので、
渋皮煮を作ってみました~!


525


どう、初めてにしては上出来でしょっ!
(出来のいいやつだけ選んで、撮影しました・・・)

でら巨大で立派な栗だったので
刻んだり潰してしまうのがもったいなくて
丸ごと調理できる渋皮煮にしました。


が、渋皮煮って、とんでもなく手間がかかるんですね。

ネットで調べて簡単に出来るレシピで作りましたけど、
それでも8時間くらいかかりました・・・

でも、手間をかけた分、美味しく出来ましたよ!


たくさん作ったので、みんなに貰ってもらい、喜んでもらえました~


2012年10月14日 (日)

セルフ交配苗

こんばんわ~

今週末もすごしやすい気候で作業がはかどりました!

今日は11年交配の中でも
生育の遅いセルフ苗を紹介!

ちなみに10月14日現在の11年交配の苗達の状況はこんなかんじ↓
528
先日も紹介しましたけど、
かなーり立派になってます!


そして、その中でのセルフ苗はこちらです。
514

こちらはddライトグリーン糸ピコティのセルフ苗。

さすがセルフ苗、やっと新芽が出始めました。
この小輪多花性の性質を受け継いで
更にピコの強いのもが出ないかなぁと思いながら
セルフ交配したものです。

まあ、出所(小さい花がお得意のあの方です)からいくと
原種の血が強いと思いますので
生育が遅くてもしょうがない。
そして、すばらしいやつが出るかもしれない・・・苗たちです!

515

こちらは、sdゴールドのセルフ苗達。

それなりに大きくなってる株もありますが、右の列の苗は・・・

この親を片親にして、
他のsdゴールドと掛けた交配苗があるんですが、
それに比べるとかなり生育は遅いです。

他の植物にも言えることですが
生育が遅いほど良い花(この場合観賞価値が高い花)が咲くことも多いようで、
そんなこんなで、こんな苗もがんばって育ててます・・・


513

最後はdd裏表バイカラーのセルフ苗です。

こちらは小輪系の花が咲くスイングシリーズの苗からの花なんですが
そんなに小輪ではなかったので、
セルフ交配で小輪花を出したいと思ってした交配です。

この交配は株の生育はそんなに悪くなく、
新葉もたくさん出てきてるんですが、
株のかんじが他とはチョット違う。

葉柄が短くて株全体がきゅっとしててる。
葉のぎざも目立ちます。

親株の草姿は、そんなにコンパクトではなかったのですが
隔世遺伝で現れたか?

と、まあセルフ交配の苗たちは
いろいろと大変そうですが、
良い花が咲くことを信じて
あと数年がんばりますっ!

2012年10月10日 (水)

3週間で大きくなりました

こんばんわ~


かなーり涼しくなって過ごしやすくなりましたね。

11年交配のヘレボ苗も順調に新葉を出してます↓

502

これは9月29日に撮った11年交配苗です。
3週間前(9月8日)の画像と比べてみると、
かなーり黄緑色の葉(新葉)が目立ちます!


でも、動きの鈍いものも・・・

交配ごとに苗が並べてあるので、
大きい苗と小さい苗のかたまりがはっきりしてますね。
生育が緩慢なものは、だいたいが原種交配。
そしてセルフ交配の苗も動きが鈍いです。

原種系の交配は生育が遅いだけで、割と丈夫なんですが
セルフ交配の苗は弱いものも多くて、
灰カビとかの病気にかかりやすいのが難点・・・

でも、セルフ交配は、親によく似た花が欲しい時とか
逆に面白いものが出てくる可能性も大きいらしいので楽しみですね。


セルフ交配の苗は後日紹介しようと思ってますが
今日は原種の血が濃い交配の苗を一つ紹介!

504


グリーンスマイル×ddグリーン小輪(ddデュメ交配)の苗たちです。

グリスマの特徴であるギザギザが表れてますね
でらちっちゃいddグリーンを期待してます!

2012年10月 8日 (月)

10年苗、09年苗

こんばんわ~

週末は天気が良くて、作業がはかどりました~

今週は10年交配の開花予定株の最終ポット上げをがんばりましたっ!

510

調子のよい個体は、根っこも張ってて、
新根もたくさん出てます。
根っこが張りすぎて、ポットから抜くのも大変な株も・・・

5号ポットに鉢増ししたんですけど、
交配によっては、根の張りが良くないものも・・・
ポリポットなので、外から触ってみると根の張り具合がわかるので、
そういう株は、もう半年ポット上げを遅らせることにしました。


511

1トレー4号ポットが15個入ってたのが、
1トレー5号ポット11個入りになりました。
また、置き場所が~・・・

あと、鉢増ししてて分かったんですが、
意外と新芽が伸び出してる株が多い=今季開花は難しい・・・
なかなか、うまくいきませんね・・・


一方、さらに一年たった09年交配苗たちは、


506

中心の芽だけじゃなく脇にいくつも芽をを持って楽しみな株ばかりです。

さすがに中心の芽が伸び出してる株はほとんどなくて
(何株かは動き出してますが・・・)
来春はかなりの株が咲くはずです・・・

09年交配の株たちは
昨年の秋に5号ポットに鉢増しして以来、1年くらいは植え替えてませんので
根っこがパンパンに張ってます。
ホントはここで6号に鉢増しすべきなんでしょうが
場所も無いのでこのまま開花までいっちゃいます。
そして、これぞっっという花が咲いたのだけ鉢増ししますっ!

507

そんな中で、チョット期待してる株です!

ssゴールドの交配株なんですが、
同交配の株に比べて、草丈が低いっ!

後ろの株は違う交配のものですが、
一般的なヒブリダスに比べても半分くらいの高さです。


さて、どんなのになるか・・・


2012年10月 3日 (水)

種まきしました

こんばんわ~

10月になったので、ヘレボの種まきをしました~

昨年は10月下旬にしたかも・・・
はっきり覚えてないんですが、
まあいいでしょう!

497

種まき用土はこんなの。

赤玉土小粒、バーミキュライト、パーライトの混合です。
昨年はパーライトは入れてませんでしたけど
余ってたので、入れてみました。

要は清潔な土を使えば良いわけで、
土の種類はいつも適当です。

496498499


すべてヘレボのタネですが、
形や色は様々。

丸いのやら、細長いのやら、茶色いのやら、黒いのやらと、いろいろです。

左のタネはまん丸で、あんまり見ないタイプ。
右のはかなり長細くて、こちらもあんまり見ない形です。

色は黒いのが多いですが、
まんなかの画像のように茶色のもたまにあって、
今年はなかったですが、グレーのものもあったりします。

未熟なタネだから色が薄いのかと思いきや
ちゃんと発芽するので、そうではないみたい。

交配の元になった原種や花色が影響するのでしょうかねぇ・・・

508_3


こんなにたくさんになりました・・・

覆土は1.5cmくらいかな。
浅すぎると、芽が出た時殻が剥けないので
割と多めに土を掛けます。

ポットは以前は4号ポットに蒔いてましたが
場所が無いので今年は2.5号ポットに。
ここにだいたい20粒蒔いてます。
25粒を超えた時は2ポットに分けて蒔きます。

1交配の採取数を減らしたつもりだったのに
30粒超えの交配が結構あって大変・・・

結局2トレー半になりました・・・


あとは、交配のラベルと管理するための番号ラベルを立てて、ノートにも写して、
最後に殺菌剤をかけて終了です。


今年の交配は、グラデーション交配、sdゴールド交配、
そして、小輪系の交配が多かったかなぁ。
あ、でもいつものように
ピンク系とかアプリ系とか糸ピコ系も交配しましたよ。

きれいな乙女系のものと、渋々系のものと
幅広く(節操なく?)交配しちゃうから
はてしない数になるんですよね・・・

そして来年も、やっちゃいけないと思いつつも
たくさん交配してしまうはず・・・

ふう・・・

2012年10月 2日 (火)

球根

こんばんわ~

みなさんの地域、台風は大丈夫でしたでしょうか
うちの辺りは幸いにもほとんど被害無くすみました。

被害にあわれた方、がんばってください。


さて、今回は球根類、まずは晩性のリコリスを紹介!
494495

リコリス・ラジアータ(彼岸花)とリコリス・アルビフローラ(白花彼岸花)です。
いわゆる普通の彼岸花です。
白花もそんなに珍しくはないんだけれど、
あんまり見かけませんね。

ホントは色分けして植えたかったんだけど、
混ざってしまいました・・・
彼岸花って不吉な花って嫌われることが多いですけど
こうすれば、紅白でおめでたい?

505

こちらは、薩摩美人(赤いの)と
おおすみ(黄色いの)です。

薩摩美人は、ラジアータよりも淡い赤で、ちょっと中途半端・・・
おおすみは、鮮やかな黄色で原種のオーレアよりも小さめの花で目立ちます。

この2品種は同じ鉢に10年近く植わってるんですけど、
実はおおすみは最初の年に咲いて以来の開花になります。
すでに消えてしまってると思ってたら、
黄色い花が咲いててびっくりっ!

しかし、10年近く咲かないなんて、リコリスってやっぱり分からん・・・

他の球根類も動きが出てきました。


500

アネモネ・パボニナの出芽。

分球しないと思ってたパボニナですけども、
1株だけバラバラになってしまったので
ダメ元で植えてみたら芽が出てきました。

アネモネ・コロナリア・フローレブレノの方は、よく分球するので
増やしやすいですけど、
来年はパボニナも増やしてみようかな。

503

シクラメン・ヘデリフォリウムも開花中!

タネを蒔いてから10年近く植え替えず
ぎゅうぎゅうになってたやつを
1株づつ分けて植えました。


リコリスもアネモネもシクラメンも、
丈夫な種類を選べば永く楽しめていいですね。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31