« 2013年6月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年7月

2013年7月23日 (火)

夏越し

こんばんわ~

ポット上げしたアジサイです
919


ポット上げしてから2週間、
無事活着したようです~

1週間は日陰に置いて、徐々に明るい場所に移動してます。
現在は午前10時くらいまで日があたる場所です。
先週、花色別に置き肥と液肥を与え出しました。

青花用の液肥は、こないだ紹介したように硫酸カリの1000倍液、
赤花用にはリン酸の多い液肥を与えています。
脇芽も伸びだしました。
秋までにしっかり成長しろよ~

917

こちらは今週、挿し木床から抜いた苗の様子。

すでに土の中に挿した節から芽が伸び出してます。
地上部の脇芽が二つ伸びるとして
地中の芽も二つ伸びると4本枝が出来て、
来年の花は4つかぁ・・・

・・・そんなに上手くはいきませんよね・・・

918

先日紹介したムクゲ・紫玉が咲きました~

株が小さいこともあって、花は小さめ?
でも、紫の良い色に咲きました~

でら好きな色!


2013年7月20日 (土)

夏の花・紫つながり

こんばんわ~

今週はちょっと涼しかったですけど、
いよいよ夏本番ですねぇ・・・

今日は夏の花を紹介!


910915


アサガオ・黒紫玉(クロムラサキダマ)です。

名前が黒紫玉というわりには黒く無くて、濃藍色ですねぇ。
(実際はもう少し赤紫っぽい・・・)
なぜ黒紫玉なのかと言うと、わかりません・・・
実はこのアサガオ、7~8年前のタネから育てました。
よく芽が出ましたわ・・・

その当時の頂き物で、
黒玉というのと一緒にいただいたので、それに対しての名前でしょうかねぇ。
この黒紫玉、正確に言うとアサガオではなく、マルバアサガオ。
葉っぱが違います。
花も一か所から三つくらい蕾が出てきます。
その他、開花習性とかが若干違うようですが、良くわかりません。
気になる方は自分で調べてね。

916

こちらが黒玉(クロダマ)としていただいた株。
まだ、蕾が見えません。
こちらの葉っぱは、いわゆるアサガオの葉っぱですね。
若干、斑も入ってます。

914

そしてこちらは今年購入した
イポメア.sp

イポメアってのは、アサガオの属名のことです。
種名不明だということでspってついてました。
一応、黄花アサガオってことで購入しましたけど
咲くまで分かりませんね。

葉っぱもアサガオには見えない変わった形、
蔓も他のアサガオは自力で巻きついていくのに
こいつは巻きつきません。

こちらは他のアサガオに比べて生育が遅めで
やっと蔓が行燈を一周ちょっとしたくらい。
もちろん蕾も見えません。
どうも短日開花性が強いらしくて
調べてみると秋遅くにならないと花が咲かないみたい・・・
でもアサガオは短日処理がかんたんに出来るみたいなので
もう少し成長したら試してみます。


911

こちらは、ムクゲの紫玉(シギョク)の蕾。

ムクゲっていうと白やピンクのイメージで紫系のムクゲは珍しそうですが、
紫玉自体はそんなに珍しくないみたい。
普通にネットとか大手種苗会社さんで買えますけど、
実際見たことがないのは、やっぱり珍しい?気が付いてない?もしかして弱い?

一個目の蕾が落ちて、二個目が虫に食べられ、
ようやく三個目で花が見れそうです~

今日アブラムシが付いて蟻が集ってるのを発見したため
あわててオルトラン撒きました。
三個目、無事に咲いてくれ~


2013年7月 9日 (火)

アジサイの花色のことを真剣に考えてみる

こんばんわ~

アジサイの季節も終わってしまいましたけど、
反省もふくめてこれからの栽培のことを真剣に考えてみることにします。
(自分への覚書も含めてね)


今年の反省点(毎年のことだけど・・・)
花色がきれいに出ないこと・・・
これ、一番大事ですよねぇ・・・

アジサイの花色は
栽培用土の酸度で変わってくるというのが有名な話ですけども
これがなかなか上手くいかない・・・

酸性土だと青くなるというので
鹿沼土やピートモスを入れてみたり
使い回しの古い土を使用してみたりしました。

アルカリに近づくと赤やピンクがきれいに出るはずだから
赤玉土+腐葉土に石灰を混ぜてみました。
これが昨年の栽培仕様です。
・・・やっぱりさえない花色に咲く株が多かった・・・

いろいろ検索してみると
実はアジサイの花色というのは
土の酸度によるものと言うよりは、土中のアルミニウムが関係してるらしい・・・
アルミニウムがくっつく?(植物に吸収される?)とアジサイは青く発色するみたいな・・・
phが低くてより酸性度が高いと、土中にアルミニウムが溶け出しやすくて植物が吸収しやすいとか・・・
あと、リン酸はアルミニウムとくっつきやすいとか・・・

で、結局正解がわからないので
自分なりに工夫してみました。

用土は今までと同じく
青用は赤玉土+鹿沼土+腐葉土(ピートも入れてみたりもします)
鹿沼土は通常の配合よりはかなり多めにします。
赤用は赤玉土+腐葉土+有機石灰
(有機石灰にしたのは、苦土石灰とかよりも永く効きそうだから)
です。


今年は肥料を変えてみます。
青用はリン酸を控え目にするため油粕のみの置き肥、
後日、窒素も少なくしカリ分を多くすることか必要なことが分かり、油粕を除けました。
結局、青アジサイ専用の有機質肥料っぽい置き肥に変えて
硫酸カリの1000倍液を追肥で与えています。


赤用は骨粉が入った油粕+過燐酸石灰の置き肥を与えています。
ポイントはアルミニウムとくっつきやすいリン酸を
青系には控え目に、赤系には多めに与えるようにしています。

現在ではここまでの作業で終わってますが、
今後追肥で与える液肥も少し変えてみようかと。

あとは来年春に
青系には硫酸アルミニウム(焼きミョウバン?硫酸アンモニウム?)を与えて
赤系には再度有機石灰をやるつもり。


あ、あと用土の酸度を調べる酸度計も買ってしまいました・・・

ここまでやってダメならあきらめます。
でも上手くいってほしいなぁ・・・


最後は土がどうだの肥料がどうだのと
文句も言わずにきれいに咲いてくれるアナベル・・・
891

みんなこんなならいいのにねぇ・・・

2013年7月 8日 (月)

梅雨の花・最終

こんばんわ~

梅雨があけましたね。

今日は珍しく休みだったので
寒冷紗を強いのに張り替えました。
暑い夏、みんながんばってくれ~


908

まだもったいないなぁなんて思ってた
ウェディングブーケの花色が変わってきました。

日焼けもせず淡いグリーンがかってきれい。
このまま置いとくと秋色アジサイになってくんでしょうかね?

アジサイも、今年はこのウェデングブーケで終わり。
植え替えに励みました!

907

持越し株で花が付かなかったものは、
すでに1か月前に植え替えてます。
切り戻した後には新芽もぐんぐん伸びてます。


909

5週間前に挿し木した株です。

結構根っこ出てました!
でも出てないのもありました・・・
なんでやろ・・・

この画像の挿し芽は2節付けて挿しましたけど
(土中の節から根がたくさん出るはずだから)
節からじゃなく、その下から根っこが出てます・・・

節から根が出ないなら、1節ごとに切った方が挿し芽の数が増やせるね。
でも、この土中の節からも芽が出てくるとすると
芽数を増やすためには2節挿しの方が良いのか?

ん~
誰か教えてください。

2013年7月 1日 (月)

梅雨のお仕事

こんばんわ~

やや涼しめの日と暑い日が繰り返されて結構大変です。
雨はヤだけど涼しい日は仕事がはかどりますね。

週末も梅雨の仕事がんばりました。
905

花菖蒲を植え替えました!

以前は相当数の鉢植えを育てていましたが
現在は畑植えが中心で、鉢植えは弱い品種とお気に入りの品種が中心。
1トレーに4号ポット15個入りで、5トレー限定で栽培です。
地植えに比べて花は小さくなりますが
弱い品種はなんとか生きながらえます・・・

普通宿根草って春先や秋に株分けなんかをするんですが
ハナショウブは特殊で、花後のこの時期にするのが一般的です。

根鉢を崩して芽を分けて、葉を半無頼の長さに切り詰めて
赤玉+バーミキュライトの用土に植え付けます。

ハナショウブは連作障害が出やすく
鉢植えでは毎年の植え替えが重要ですけども、
これが結構めんどくさい・・・


906

アジサイは挿し木をしました。
大量に挿し木してしまいました・・・

アジサイの挿し木って簡単って言うけど
ボクはなんだか苦手・・・
毎年たくさん挿すのにほとんど着きません。

でも今年はうまくいってるみたい。
画像の4プランターは週をずらして挿し木してあります。
一番最初のは一か月前に挿しましたが、
一本も枯れずにここまできました!

そっと引っ張ってみましたが、手ごたえありっ!
根っこが出てる~
昨年は挿して一週間くらいで葉っぱが黄色くなり、萎れて枯れて・・・
の状態がほとんどでしたので
大成功ですね。

昨年と違うのはポットに挿さずに
プランターに挿したくらいかなぁ
用土の量が多ければ乾きにくくて活着しやすいのか?

最初に挿したのは、
あと1~2週間このまま我慢して
ようやくポット上げに入ります~


挿し木ついでに元株の選定・植え替えもしたので
切り取った花を挿してみました~

904

花首下の枝は挿し木に使ったので
花だけ寄せてみました~

« 2013年6月 | トップページ | 2013年9月 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31