畑の花

2012年10月25日 (木)

秋の花

こんばんわ~


畑では秋の花がたくさん咲いてます!


533534535_2


536


ダリア4種です。

最初の三つは品種名が付いたやつですが、
名前忘れました。
最後のひとつは植えた覚えのない場所に生えてるので
こぼれタネからの実生かも・・・

ポンポン咲き、大輪咲き、爪白咲きといろいろありますが
どれも植えっぱなしで10年くらい・・・
それでも咲いてくれるダリアは偉いっ!


532

シュウメイギクです。

シュウメイギクってもっと儚げで小さなイメージでしたが、
畑の力はすごいっ
1mは優に超えて咲き誇ってます・・・

538

アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)です。

当時(1995年)、けっこう珍しかったアメジストセージを見つけて購入。

それ以来同じ場所に植わってますが、毎年花を咲かせてくれます。

2年ほど前、畑に車が突っ込んで完全に踏みつぶされましたが、無事復活。

こいつも、でら丈夫なやつです。


537

最後はジンジャー・白蘭です。

ショウガ科の植物で葉もショウガに似ていますが、
草丈は2mと、でら巨大です。
畑だから育てられる植物です・・・

白蘭の特徴は香りがとても良いこと。
そして丈夫なこと


畑の花たちは、どれも丈夫ですね。


2012年8月 1日 (水)

夏の畑

こんばんわ~

今日はチョット涼しかったかな
早く涼しくなってくれないと畑の植物たちも大変です


417

水切れに弱い里芋は特に大変
肥料をやって土寄せした後は
堆肥やポリマルチで少しでも乾燥を防ぎます。
いまんとこ順調です。
はやく雨降れ~

418

こちらは葉柄を食べるサツマイモ”エレガントサマー”

芋も食べられるんですが、
葉柄を炒め物にしたり、キンピラ風にすると
でらうまいっ!
食感はワラビのようなフキのようなそんなかんじです。

ですが、どうもいつも育ててるエレガントサマーとなんか違うかんじ・・・

葉っぱの形が違うような気がする・・・


畑では花も咲いてます

420

ミソハギです。

昨年、仕事先のお客様に小さな苗をもらったんですが
一年で立派な株に育ってたくさんの花を着けてくれました。

調べてみたら、水っぽいところに生えてるようですが、
普通に畑でも育ちます。


419

ホオヅキも今年はたくさん実が着いてます。
多少虫食いはありますけど、
なんも手をかけずにこんだけ育ってくれれば言うことなし!

お盆にはたくさん使えそうです。


416

庭では鉢植えのイチヂクがなってます。
これも仕事先のお客様からいただいた(枝)もの。

剪定後の枝をもらって挿したら簡単に着きました。
画像は”桝井ドーフィン”という品種のイチヂク。
いちばん有名なやつですね。

ほかにバナーネという品種ももらって(枝を)
毎年実を着けてます。

2007年10月16日 (火)

秋の花いっぱい

こんばんわ~
今日は畑の秋の花を紹介

159160162

秋はダリアがきれい。
品種名の分からなくなってしまったものが多いですが(真ん中は京絵巻)、たくさん咲くとデラきれいです。
うちでは切花にするため中輪が多いですが、もう伸ばしたい放題なので小輪になってます。

156
こちらは英さんに習って、夏に地際からバッサーした株。
モサモサ芽が出て蕾もいっぱいです。
何年も張りっぱなしのネットにちょうど引っかかって、良いかんじに広がってくれてます。
霜がおりて枯れてしまう前に咲いてくれるとよいんだけどね。

153154161

続いてはコスモス3種。
左からイエローキャンパス、オレンジキャンパス、こぼれタネコスモス。
キャンパスシリーズは従来に無い花色でとっても目立ちますけど、オレンジキャンパスはどう見てもオレンジじゃない・・・
サーモンピンクというか、黄色にピンクが混ざってるというか、個人的には一番苦手な花色です。
でも、珍しいっていうだけで育ててしまう俺様・・・
右のこぼれタネコスモスは半八重咲きで、画像では分かりにくいけれど、ほんのり黄色がのっています。
何年か前にイエローキャンパスが植えてあったので、その血が入ってるんでしょうね。
コスモスもダリアと一緒で切花にすると良いですよね~

155
こちらはコキア(箒草)
これもこぼれタネで勝手に生えてきた株ですが、とんでもなく大きくなって直径1mくらいあります。
秋になると真っ赤になってデラ存在感いっぱいですよ。

2007年10月10日 (水)

秋の花

こんばんわ~

最近はヘレボのことが多かったので、今日は秋の花を紹介です。
125
126
まずはエンジェルストランペット。
うちにあるのはピンクと白。
畑に地植えしてあるので、かなりの大株に育って、たくさんの花をつけています。
いつもは秋に挿し木をして株を更新するのだけど、昨年の冬は暖冬だったので、元株が冬を越してかなりの株になってます。
花弁がひらひら波打って、まさに天使のトランペットですね。


144
こちらは、クレマチス・アフロディテ・エレガフミナ。
今年何度目の花でしょうか。
花後に切り戻せば、何度でも咲く四季咲き系はいいですね。
暑い夏も見事に切り抜けてくれました。
涼しくなって花色も冴えてます。
この株はエゴノキに絡ませてありますが、適度に茂って覆い尽くすってことが無いので、とっても良いですよ~


80
最後はコリウスの寄せ植え。
花壇植えにしたコリウスを摘芯したときに出た頂芽を挿し芽して寄せ植えにしたものですけど、よいかんじにまとまってます。
コリウスは挿し芽すればどんどん増やせるのがよいですね。
昔は派手派手なかんじがヤでしたけれど、最近はベルベットのような質感や他の葉には無い黒葉なんかに魅力をかんじます。

2007年9月 7日 (金)

届きました~

78

英さまからジャーマンが届きました~!!!
でも、こんなに頼んだっけ?
と、思ってたらサービスいっぱいでした!
ありがとうございますぅ
明日は植え込み作業がたいへんだぁ

しかしながら、やっぱ本番のジャーマンは違いますわ。
先週うちでもジャーマンを掘りあげたんですけど、芋の大きさが違う・・・
元は同じだったはずなのに・・・
まあ、うちは鉢植えで、しかーも2年くらい植え替えもせずにほったらかしにしておいたから当然ですよね・・・
がんばんて肥培します。下のがうちの掘り上げジャーマン。

69

でわ、今日もリコリスを紹介!
64

これは、選抜キツネノカミソリ
キツネノカミソリは小型のリコリスで、ヒガンバナよりも小さいかんじ。
何が選抜なのかはよく分からないけど、多分普通種よりも花色が濃かったりするんでしょうね。

65
これはスプレンゲリー
この美しさで原種ってのはすばらしいですよ。
弁咲きの青色がたくさんの交配種に活かされています。
下のブルーパールなんて、もろスプレンゲリーの血を引いてるって感じですね。


71

2007年9月 5日 (水)

おひさしぶり

お久しぶりです。
ブログなのに全然更新してないね。
でも、そんなの関係ねぇぇぇぇぇ(小島風)
マイぺースで行きます~


涼しくなってき、種まきとか植え替えとかやることがたくさんありますねぇ
植物も秋を感じてだんだんと活動が始まってきました。
畑ではリコリスが花盛り!
ちょっとづつ小出ししていきます!

58


56

これはリコリス・ブルーパール
サカ○の通販で購入して10年以上たってる気がする。
スプレンゲリーよりも赤みが少なくてリコリスの中では、一番青いと思う。
今年の水色もとっても素敵ですけど、数年前に咲いた時が一番きれいでした。
もうちょっと涼しいと濃く咲くのかな。
でも、かなり花茎が上がって見事です。
ブルーパールは花立ちが良い品種で、1球から3~4本花茎が上がってます。
リコリスって品種によって花立ちにむらがありすぎます。
特に鉢植えでは咲きにくいのも特徴です。
なかなか栽培のコツがつかめません。


55
これは、リコリス・夕霧
なんだかスプレンゲリーにそっくりに見えますけど、実際そっくりです。
前はもう少し色が濃かったような・・・
暑さのせいでしょうか。


57
これはリコリス・スペラード
花色は黄色がかった白で、いかにも彼岸花って形で咲きます。
一緒に購入したブルーパールと比べると花立ちはあまりよくありません。


2007年7月13日 (金)

名も無きダリアたち

こんばんは、もうすぐ台風が来ますね。
園芸家にとって台風は天敵。
いろんなものが倒れたり折れたりと心配いっぱいです。
何も無いことを祈ります。

今日はうちのダリアを紹介しますね。
ダリアは晩春から秋遅くまで咲いてくれるので、とっても便利。
うちでは主に仏様のお花として使ってますけど、他にも一輪挿しにしてみたりアレンジしてみたりとホント便利な花です。
ただーし茂りすぎて台風とかで倒れてしまうこともしばしば・・・
ダリアマスター英さまによると、摘芽や摘芯、支柱たて等手をかけてあげれば、かなーり美しく咲きます。
・・・うちではネットを張るだけなので、それなりに美しく咲いてくれます。
うちのダリアは基本的に植えっぱなし。ホントは数年に一回株分けを兼ねて植え替えると良いです。


35
これは多分”京絵巻”という品種。
ピンクに花弁先が白く色づく爪白咲きがお気に入り。
草丈の1.5mくらいになります。うちいあるダリアの中では背の高いほうです。


34
こっからはすべて品種名が分かりません・・・
黒葉系のダリアです。黒葉系は庭に植えるとアクセントになってとっても良いです(これは畑ですけど・・・)


31


32


33
こちらの3種も中輪咲き切花向けダリア。
赤いのが好きーっ

2007年7月 9日 (月)

夏色

梅雨なのにうちのあたりは雨があんま降らないです。
おかげで花の傷みが少なくて助かります。
この時期雨が降ると、ジャーマンあたりが腐りだす・・・トマトが萎れだす・・・
もう少しで梅雨明けです、がんばってほしいですね。
今、うちの畑では夏花と夏野菜が絶好調!
夏色です。

27
これはグロリオサ・ロスチャイルディアナ
葉の先が巻きひげになっていて周りのもの絡み付いて伸びていくという、ユリ科らしくない植物です。
花はユリに見えなくもないですけどね。
アフリカ原産ですが、うちでは畑に植えっぱなしで毎年花を咲かせています。
冬には霜がばんばん降りる場所ですが、意外と寒さにも強いですね。

28
おなじみのグラジオラス
これも植えっぱなしOKな、お手軽夏花壇用の植物ですね。
ホントは毎年秋に掘り上げて、春から初夏にかけて少しずつずらして植えると、順番に咲いて長く花を見ることが出来るんですが、ついめんどくさくて掘り上げずじまいになっちゃうんですよね・・・
しかーも、ほったらかしなので品種名が分からなくなってまう・・・
まあ、きれいだから良いんですけどね。うちにあるグラジオラスは紫系と緑系が多いです。


29
こちらはアルストロメリア”アンデスの栄光”
斑入りの葉に濃黄色の花でとっても華やかです。まだ養成中の株なので若干背が低く花も少ないですが、成株になれば結構豪華になるかな。
アルストロメリアは品種によって育てやすさに差があるかも。このアンデスの栄光はなんとか育ってくれてますが、一緒に購入して消えてしまった品種も・・・
結構高価な植物なので、購入は慎重にね。

30
最後はユーパトリューム・グリーンフェザー
切り葉として利用する植物ですが、名前の通り、まるで緑の羽のようで、柔らかでとってもさわり心地が良いです。草丈も2メートル以上、幅も1.5メートルほどあって豪快です。
これも植えっぱなしでかなりの年数がたってますが元気に育ってくれてます。
秋になるとショボイ花が咲くんですが、その頃になると葉のきれいさも失せて切り葉には使えません。春~夏限定です。
さし木で簡単に増えるので、結構近所の皆さんにもらっていただいてます。

フォト
無料ブログはココログ
2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31