リコリス

2011年9月13日 (火)

ヒガンバナ科

こんばんわ~


秋の風景、真っ赤なヒガンバナも
やっと花茎をあげてきました。
来週あたりには、咲き出すかなぁ。


今日もヒガンバナの仲間を紹介

006


原種リコリス・インカルナータです。

リコリスは、原種でも園芸種に負けない美しさがありますね。


こちらは園芸品種のドリーム。
008_2


明るいピンクに弁先の青が映えます。

先日紹介した、リコリス・ブルーパールもそうですけど、
弁先の青色は、原種のスプレンゲリーから受け継いでいるもの。
スプレンゲリーも丈夫な品種ですけども、
うちでは、なかなか咲きません・・・
(なので、画像はありません・・・)

同じヒガンバナ科のネリネも咲きだしました。

と、いってもネリネの本格的なシーズンは、もう少し後。

早咲きの原種、ネリネ・マソニオルムが咲きました。
010

よく見るネリネと違うところは、
葉が常緑、
葉の形状は糸状、
花もちっちゃいです。

細い花茎がすっと立ち上がって咲く花姿は、
とても趣があります。

山野草的な、ネリネです。


2011年9月10日 (土)

涼しくなると

こんばんわ~


だんだんと涼しくなってきましたねえ。

畑では、8月の終わりからリコリスが順番に咲いてきてます。


昨年の夏は暑くて、
涼しくなった9月にすべての品種が咲きそろいましたけど、
今年は本来の時期に順番に咲いてきてます。

今日はその中のいくつかを紹介!
003002


リコリス・ブルーパールです。
リコリスの中で一番好きな品種です。

昨年のこの時期にもブログで紹介してたはず・・・
淡い青紫地と青が混ざった絶妙な花色です。

最初は1球からのスタートでしたが、
こんなにたくさんの花が咲くまでになりました。

リコリスは品種によって、咲きにくいもの、増えにくいものがあるんですけど、
ブルーパールは、丈夫でよく増えます。
オススメの品種です。

続いては、原種のリコリス、キツネノカミソリです。
005009

左が通常のキツネノカミソリ、
右が大型キツネノカミソリ・・・
だそうですが、あんまり区別がつきません・・・

他のリコリスよりもコンパクトですが、
花色は、他の原種には見られないオレンジ色で
とっても目立ちます。


2009年9月15日 (火)

白系

こんばんわ~

今日は雨が降ってて寒かったですね~

急に秋が来たって感じです。


今日は、白系のリコリスを紹介!

01


まずは、リコリス・オフホワイト。

若干ピンクがのるホワイトで、
リコリスの中では、大型の品種です。
花弁幅も広くて、目立つ品種です。

うちのリコリスの中では古くからある品種で、
それなりに増えてはいますが、
先日紹介したブルーパールやジャクソニアナロゼほどは、増えないかんじ。

101102

こちらは、ヘイスバー1号。

よくある白花彼岸花(リコリス・アルビフローラ)よりも
若干、花弁幅が広いかんじで、
シベの長さも控えめ。

開花時期も8月と、早めです。

01_2


最後は、リコリス・ハネムーン。

今年購入したばかりの品種です。
カタログでは、もう少し濃いピンクでしたけども、
植え付けたばかりなので、淡く咲いたんでしょうかね。
でも、この花色好きです。
赤く染まったシベもいいですねぇ

2009年9月12日 (土)

涼しくなったので

こんばんわ~

やっと涼しくなってきて
ちょっとブログでも更新してみようかと・・・

リコリス(彼岸花の仲間)が、
オーソドックスな赤と白と黄色以外がピークを過ぎました。

リコリスは植えっぱなし平気な球根植物。
今年は、夜が涼しくなりだした
お盆過ぎから花茎がたくさん上がり出しました。

0102

リコリスの中で一番のお気に入り、
ブルーパールです。
淡青の花色は、植物の花色では、結構珍しいですよ。
そして、リコリスの中でも、一番青いのが、このブルーパール。
10年以上も前に植えた1球から、ここまで増えました。

花上がりにムラのあるリコリスですけども、
ブルーパールは、とっても花立ちの良い品種です。
そして、今年は一度咲いた後に、もう一度花が上がってきて咲きました。
写真は2回目の開花の時です。

よく増えるし、イチオシ!のブルーパールですので、
けっこう、みなさんに投げさせていただきました。

花友の英さまのところでも、
すばらしい花色で咲いてくれたようで、幸せ~!


01_202_2

こちらは、リコリス・夕霧。
ブルーパールは花弁全体が淡い青に染まりますが、
夕霧は、弁先が濃い青に染まります。

ピンクに弁先が青の花色は、
原種のリコリス・スプレンゲリーの血を受け継いでいて、
リコリスには、結構見られますが、
夕霧は、花弁の幅が特に広くて目立ちます。

蕾の時は、青が特に濃くて、すばらしいんですよ。

01_3


最後は、リコリス・ジャクソニアナロゼ。

こちらもスプレンゲリーの血を引いて、
弁先が青く染まります。
夕霧に比べると花弁の幅は細いですが、
ピンクが濃くてたくさん咲くと、遠くからでもよく目立ちます。


フォト
無料ブログはココログ
2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31